リサイクル活動について

北海道のリサイクルへの取り組み

北海道でのリサイクルへの取り組みは、不用品、粗大ごみを有効に利用する為に行われており、主にフリーマーケット等を開催して、活動に取り組んでいるのである。
産業廃棄物はフリーマーケットではなかなか取り扱う事が難しいため、専門の処分施設へ持ち込むか、回収してもらう事が多いが、その他のごみは、出来るだけ再利用出来るように自治体を始め、NPO法人等がリードする形で再利用するよう進められているのである。

フリーマーケットの参加方法と販売ジャンルについて

不用品や粗大ごみを有効に活用する為にフリーマーケットに出品する事が盛んに行われている北海道では、フリーマーケットの参加情報等も多くWeb上で見る事が出来る。
大抵の場合はフリーマーケットの開催二カ月前から電話や往復はがき、ホームページからの申し込みが可能で、ほぼ先着順で参加者が決まり、予定数に達し次第、締切になる。
出店出来る事が決定すると、出店許可証が送付され、それを持参し出店ブースで品物を販売する事になるのである。
販売出来る品物のジャンルは、主に家庭での不用品のみの販売、手作り品の販売、趣味の収集品や仕入品等の販売に分けれられており、ある意味自由に売る事が出来るのだ。
このように北海道ではリサイクルへの取り組みが盛んで、少しでも再利用しようと言う動きが目立つのである。
すぐにごみとして処分するのではなく、再利用するチャンスの場を多く設けている点では、大変評価出来、今後の活躍にも期待出来る。