エコ活動の基礎

エコビレッジとは

エコビレッジとは、北海道を中心とした住民が互いに支え合い、環境に負担の少ない暮らし方を求める人々が集う、意識的に作られたコミュニティーの事を言うのである。
住民が強力しあって住み、食料や不用品、粗大ごみ、産業廃棄物などを出来るだけ工夫してリサイクルする事を目的としており、地域コミュニティビジネスとして存在しているのだ。

エコビレッジの特徴

エコビレッジには持続可能な食糧の自給、住まいや技術、経済、コミュニティと言う四本の柱を基に、出来る限り自分たちの手や力で生活する事を目的としている
有機的な農業、化石燃料に頼らない持続可能なエネルギーの確保、地域内の物質循環や地域の文化の繁栄、住民間の円滑なコミュニティを活性化させるよう取り組んでいるのだ。

こうした取り組みによるメリット

エコビレッジによる取り組みを行う事により、半自給自足の生活を実現させる事が出来る。
また、住民同士のコミュニティが円滑になる事により、孤独からの解放、仲間意識が生まれ、社会や組織に働きかける事も出来る。
全てがエコを意識した活動で、環境保全に役立つと考える事が出来るのだ。
エコビレッジに限定せず、こうした取り組みを行う事により、資源の確保や、無駄使いを減らす事に繋がり、また人と人との繋がりも広くなる為、お互いを尊重し合い、様々なアイディアを出し合い、生活する事が出来るようになると思われる。
エコ活動を基礎と言える取り組みである。