新着情報

◆2015/08/07
粗大ゴミ回収のルールについての情報を更新しました。
◆2015/02/23
粗大ごみ回収業者の情報を更新しました。
◆2015/02/23
企業が取り組むリサイクルの情報を更新しました。
◆2015/02/23
不用品回収業者の情報を更新しました。
◆2015/02/23
リサイクル活動についての情報を更新しました。

粗大ゴミ回収のルールについて

北海道の粗大ゴミ回収、処分方法


北海道の主に札幌市で粗大ゴミを処分する場合には、先ず次のような方法が存在する。
大型ゴミ収集センターに電話を掛けて、事前に申し込みをし、電話の他にもFaxでの申し込みも可能となっている。
その際に、氏名、住所、電話番号、大型のゴミの種類、個数等の必要な条件を伝え、この際に発行される受付番号はしっかりと控えておくようにする事が大切な事である。
粗大ゴミの処分には、大型ゴミの種類や大きさによる指定された金額の「大型ゴミ処理手数料シール」が必要になり、市内のコンビニエンスストアや、指定スーパー等で購入する事が出来るので、処分したいゴミに合った物を購入する事が望ましいのである。
大型ゴミ処理手数料シールに控えておいた受付番号を記入し、粗大ゴミに貼り付けておき、粗大ゴミの指定収集日の指定時間までに指定場所へ運び出し、ゴミとして出す事になる。
この時に注意しなければならない事としては、単品で100キロを超えるような大型ゴミ、長さが2mを超えるような大型ゴミは収集してもらえない事である。
その際には、各自で直接この処理施設へ持ち込んだり、不用品回収の専門業者に収集を依頼する必要が出てくるのだ。
費用等は全て自己負担となる。

大型ゴミの回収・処分料金の目安

収集依頼の事前連絡をする時点で、粗大ゴミの種類別によって200円程度から2000円程度掛かると言われており、種類によっては、金額が異なるので、必ず事前連絡の際にサイズや種類を正確に伝え、料金の確認をする必要がある。
間違った情報を伝えてしまい、料金が足りない場合には回収してもらえない事もあるので、正確な情報を伝える事には注意が必要となる。

直接粗大ゴミを処理施設へ持ち込む場合

北海道札幌市では、札幌市環境事業公社の管理課、営業課等で取り扱っており、例えば、引越し等で大量のゴミを処分する場合でも、処理施設へゴミを持ちこむのであれば、札幌市環境事業公社へ一度連絡を入れる必要がある。
処分するゴミの種類によっては、処理施設が異なるので、必ず問い合わせる必要がある。
処理施設には、発寒清掃工場、篠路清掃工場、駒岡清掃工場、白石清掃工場、ゴミ資源化工場等があり、それぞれ10kgごとに料金が設定されているそうである。
おおよそ、100円前後である事が多く、90円程度から最高では130円と言う処理施設もある。
実際に粗大ゴミを持ち込む際には、不用品神奈川県と同様に各施設の営業時間内に持ち込む事が原則となっている。
いずれの場合も事前の申込と確認が重要となり、明確な料金を知ることが大切である。